朝倉未来コレコレのマホトの告発に対して不満!?コラボの依頼があった

Youtube

21日にワタナベマホトさんが未成年に対しての騒動がありました。

ワタナベマホト過去にも逮捕があった!女性遊びがひどい?
人気Youtuberのワタナベマホトさんが15歳の女子高生にわいせつな自撮り写真を送らせいていることが発覚しました。 そして通報を恐れて脅迫していたと1月21日に告発されました。1月22日、UUUMは契約解除を発表しました。 そ...

この件の告発人はツイキャス主のコレコレさんです。

しかしコレコレの行動に対して朝倉未来が不満を抱いている。

その理由について紹介をします。



朝倉未来コレコレのやり方に不満

ワタナベの行為を「卑劣」と断罪する一方で、コレコレ氏の手法に対しても苦言を呈した。

「中間に立ってるコレコレとかいう奴が、わざと仕組んで炎上させようとしてる感がめちゃくちゃ見える」

かねてコレコレ氏には嫌悪感を抱いていたそうで、

同氏の定番である「タバコポイ捨て撲滅シリーズ」を例に「明らかに喧嘩を助長させるような口調でやったりするじゃん。それで再生(数)伸ばすみたいな。

俺はあいつ好きじゃないんだよ、もともと」と語った。

Yahooニュースより抜粋

コレコレさんの定番である「たばこポイ捨て」動画の過去を遡ってみると確かにタイトルとサムネには「喧嘩」と書かれているものが多い。

しかし、動画を一通り見ましたが「コレコレが喧嘩をしているわけではないです」相方のぷぅさんがよく喧嘩をしています。しかしこのぷぅさんとも絶縁している。

コレコレとぷぅさんが絶縁!きっかけはネットでの発言!たぬきとの関係は
Youtuberの中でもリスナーと最も近くにいるコレコレです。 人気な動画の一つであるたばこポイ捨て動画。これにパートナーの存在であるぷぅがいます。 しかし最近このポイ捨て動画の更新がなくまたぷぅと絶縁していることが分かりました...

だがコレコレさんの話しかけ方も喧嘩腰にも聞こえるため朝倉未来さんはこれの事をさしているのでしょう。

朝倉未来さんもこのたばこポイ捨てシリーズをリスペクトをしてか動画をアップしている。

またマホトの告発の仕方にも不満があるようですので紹介します。



朝倉未来コレコレとのコラボ依頼があった

 過去、コレコレ氏からコラボの依頼があったそうだが、「絶対やりたくない」と断っていたという。

先ほどの文章にもありましたが、昔からコレコレに嫌悪感があったのでコラボ自体拒否したのでしょう。

朝倉未来コレコレに不満ネットの反応

たばこポイ捨てシリーズで喧嘩をすること自体が趣旨が違うと言う理由でも不満がある。

コレコレ批判とかお門違いも良いところでしょ。
朝倉は単にコレコレが好きじゃないって思いだけで発言してるだけだし、シバターにしたって女の子が親や学校や警察に相談できないからコレコレの所に相談したわけで、コレコレに落ち度なんてないでしょうが。
親に言うべきか警察に言うべきか迷って泣きながら相談してた女の子に勇気を出して相談した方が良いよって諭してくれたのはリスナーたちだし、女の子本人自らもコレコレのリスナーとして信頼してるから、みんなに諭されて「親や警察に言おう」って決断をしたわけで、朝倉やシバターは途中の過程を知らずに単に気に食わないってだけで発言してるから、視点が完全に筋違い。

 

この理論でいくとぼったくりバーに乗り込んで動画にしたりすることも非難されてしかるべきではないでしょうかね?
ぼったくりバーも犯罪行為ですし動画にするんじゃなくて警察に相談すればよいのでは?

自分の動画はよくて他人の動画はよくないは筋が通らないと思いますよ

外からは、同じ穴のムジナ同士が再生回数とお金を求めて足の引っ張り合いと縄張り争いしてるだけにしか見えません

 

YouTubeが平和になるって、要は何か問題起こしても大きく扱ってほしくないってだけのように聞こえる。
つまりコレコレのような存在がいると裏で悪さしにくい、色々と都合が悪いってことなのかな。

ネットでは今回のコレコレの行動は間違っていないとの意見が多いです。

ネットでもよく書かれていますが、確かに朝倉未来さんの過去の動画も喧嘩みたいなことや告発シリーズをしているので自身の過去の動画も批判されてしまうのではと。



朝倉未来コレコレに不満まとめ

私が思うに、コレコレさんがワタナベマホトさんの件に関しては良い行動ではないでしょうか。

朝倉未来さんからすれば、ツイキャス主に助けを求めるのではなく、警察とかに動いた方が良かったのではと言っていますね。

コラボも依頼はありましたが、朝倉未来が断ったようです。

ネットでもこの件に文句は少し違うのではとの意見が多かったですね。

 

タイトルとURLをコピーしました