三宅島で魚が大量に打ち上がっている!?原因は大地震の前兆?魚の種類は?

ニュース

ツイッターにて「魚が大量に打ちあがっている」と言うのが話題となっています。

浜辺に数十メートルにわたって打ちあがっている写真を見て、色々と騒がれています。

どの様な種類の魚が打ちあがったのか?大地震の前兆なのか?この原因について紹介します。



三宅島で大量の魚が打ち上がっている

15日正午ごろ、三宅島で撮影された映像。海岸に大量の魚が打ち上がっているのがわかります。

撮影した人によりますと、魚は数百メートルにわたって打ち上がっていて、このような状況になることは珍しいということです。

動画、写真で見ると分かりますがかなりの量の魚が上がっています。種類は様々いますが、分かる範囲で言いますと

  • サバ
  • イワシ
  • イラ
  • ハタンポ

と色々な魚が上がっているようです。

また魚の消費は難しいでしょう。鮮度もダメになっていますし、原因が分かっていないものを口にするのは非常に危険です。

憶測が飛び交っていますがこの原因について分かったことを紹介します。



原因は何?地震の前兆?

ネットでは「地震の前兆ではないか?」と騒がれていますが

現状では原因は分かっていません

釣りをしたことがある方なら分かると思いますが、イワシなどの小魚が防波堤内、浅瀬付近に頻繁に近づいてきます。

これを追って大型の魚がやってきます。

なので浜辺付近にイワシなどが近づくこと自体は珍しくないです。

しかしこの打ち上がっている魚を見るとどれも沖にいるレベルの大きさです。

なので浅瀬付近にいることは珍しいです。

当日の天気を見てみると、「三宅島では、最大瞬間風速21.6mを記録している」

このような風速が起きることは非常に珍しいことです。

また全国的に大雨が降ったりと異常気象が起きていましたね。

なので偶然が重なって起きた事でしょう。



三宅島の魚打ち上がりを見てネットでは

地震の影響か?との意見がある中で私はこの2つの説が気になりました。

  • 超大型の魚に追われたからでないかと言う説。
  • 低水温が原因説。

いずれにしてもまだ原因ははっきりしていないため専門家の意見を待ちましょう。



魚打ち上がりまとめ

この様に浜辺に大量の魚がいたらビックリしますよね?

多くの方が地震かその前触れでないかと言われています。

ほとんどが沖にいるようなサイズなので、ネットでも言われていますが

  • 超大型の魚に追われたからでないかと言う説。
  • 低水温が原因説。

この二つではないのかなと思います。

確かにこの日から気性が荒れてきていたので自然現象の可能性が大きいですね。

しかし原因はまだ決まっていませんので専門家の意見を待ちましょう。

タイトルとURLをコピーしました