徳島県鳴門市納涼花火大会の穴場おすすめの駐車場を紹介!

観光

徳島県のお盆のスタートを毎年鮮やかに飾っているのが鳴門市の花火大会です。花火大会の次の日からは鳴門市で阿波踊りが3日間開催されています。

そんな花火大会ですが、毎年約8万人以上の来場者が来ていると言われています。

県内外から車で会場に行き見たいけど駐車場はどうしたらいいのか…

色々とわからない方もいると思いますので、駐車場とそこからのアクセスの仕方を紹介したいと思います。



鳴門市納涼花火大会について

花火大会は毎年8月7日に行われています。

開催時間は20時00分~20時50分というスケジュールである。

開催場所は、鳴門市文化会館辺り(撫養川沿いの親水公園)である。

打ち上げ数は5,000発となっています。

(2019年度の情報参照)

観覧席について

観覧席は鳴門観光協会が設けています。

全席自由で約1,200席が準備されていまして、料金は1,000円となっています。

また、チケットは鳴門観光協会で発売されます。例年であれば7月上旬頃からの発売になることが多いので、その辺りになったらチェックしてみてください。早めに完売することがあります。

(2019年度の情報参照)

駐車場情報

私の経験談の元穴場の駐車場を紹介したいと思います。

BOATRACE鳴門(鳴門競艇場)

BOATRACE鳴門(鳴門競艇場)の駐車場が臨時駐車場として開放しています。駐車料金は1台500円となっています。

当日は無料シャトルバスが出ているためアクセスも困らなくて済みます。ここの場所が大きな駐車場となっています。

大塚スポーツパーク

こちらは、基本的に花火大会の指定駐車場ではないですが、駐車場が空いていれば停めることができます。駐車料金はかかりませんが、トラブルがあってもご自身の責任になります。

会場は目の前になりますのでかなり近いです。

鳴門市文化会館裏の駐車場

こちらも花火大会の指定駐車場ではないですが、広い駐車場があります。こちらも駐車料金はかかりませんが、トラブルがあってもご自身の責任になります。

会場までの近くの橋が封鎖されているために少し遠回りしていくことになります。

まとめ

会場近くの駐車場についてでしたが、原則的に指定されている所以外はダメですので注意してください!

それでも毎年多くの方が停めていますので大丈夫だと私は思っています。警察も巡回していますので、本来であれば違反者切符をするのですが、違反者切符を切っているのをあまり見たことがないので、恐らく多めに見てくれているのであろうと思います。

しかし、住宅街の道路に停めている方がいましたがこれらに関しては違反者切符が付いていました。普通に邪魔でしたからね…

でも一番は指定駐車場だと思います!!

ルール・マナーを守って、お金を払って安心安全な所に停めましょう。

タイトルとURLをコピーしました