前澤友作、三崎優太SNSでのプレゼント安全?実は情報抜かれている!?

芸能

TwitterなどSNSで有名人やいろいろな方がふと突然に現金プレゼントします。

または、商品をプレゼントします。

などというツイートなどを見かけたことがあると思います。

一部の方々はあまり考えずに、のっかている方もいると思いますが実は個人情報が抜かれているかもしれません。

このようなことをする人たちは何がしたいのかを調べていきたいと思います。


SNSでのプレゼント企画の始まりは?

始まりは、ZOZOタウンの創業者の前澤友作が始まりだと言われています。この時の企画のリツイート数は550万件になっていました。すごい反響になっていますね。

最近でしたら、青汁王子こと三崎優太さんの100万円直接渡します。という企画も大きな反響がおきました。

今もお二方はプレゼント企画を突然しています。

SNSプレゼント企画者のメリットは?

私たちはフォロー&リツイートだけで企画のものの景品をゲットすることができる権利を掴めますが…

一番気になるのが発信者は何が目的なの?ってなりませんか?

トレンドを起こせる

多くの場合フォロー&リツイートと#〇〇も付けてねっていう場合もあると思います。

この#のキーワードを上位トレンドの上げるのが目的な場合もあると言われています。

情報拡散できる

Twitterであれば、AさんがあるツイートをリツイートしましたらAさんをフォローしている人が見て気になったらその人がまたリツイートしてと

これがどんどん連鎖的に起こると短時間で情報が広げることができます。

ブランディングを上げれる

個人事業主やフリーランスなどで企業をしている人たちにとっては、ブランディングはとても重要になると思います。

自身の売名だったり持ち会社の商品の宣伝もついでにできます。

また、自身の仕事や可能な仕事などを発信することで、その分野の専門家として知られます。

積極的にツイートするようにしていくとリプライで仕事の依頼が来る可能性もあるであろう。

SNSプレゼント企画者のデメリット

大きなメリットは上記のことだと思いますが、次はデメリットはなんなのか見てみましょう。

企画商品の負担

大きなのがこれだと思います。

例えば100万円プレゼントするのであれば、当選者分用意しなくてはいけません。

なので場合によっては何億という負担が掛かってくると思われます。

いくらお金持ちでも大きな負担では?と私は思います。

言葉使いに気を付ける

気軽に投稿できることが最大の魅力なSNSですが、

投稿内容にとっては、失言になってしまうこと、一部の方を傷つけてしまう可能性があります。

とくにマイナスイメージの意見などの投稿については、一番注意が必要だと思います。

発信する場合は、不特定多数に見られるSNSであることを踏まえた上で、マナーや秩序を守って発信することを忘れないでおきましょう。

フォロワー数が少ないと意味がない

いくら魅力的な内容だとしても、見る人が少なければ意味がありません。

なのである一定以上のフォロワー数は必要でしょう。

前澤友作、三崎優太SNSでのプレゼント安全?まとめ

企画者の大きなメリット・デメリットを知ることができたと思います。

本物の企画になりすましのアカウントがあったりするので気を付けた方がいいですね。

場合によっては個人情報が抜かれてしまうかもとネットでは言われております。

便乗の怪しいのには触れずに本人のと確認できたものを見つけて企画に参加してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました