宇宙のごみが多くなるとどうなるのか?スペースデブリがもたらす問題

youtubeで気になる動画をみました。

それはスペースデブリ(宇宙のごみ)についてでした。

これ以上宇宙でごみが増えていくとどうなるのか

見てみましょう。



スペースデブリとは

space debris日本語で宇宙のごみと言います。

地球の周りではスペースデブリが一緒に回っているみたいです

なぜスペースデブリができるかと言いますと人間が宇宙に

行くためにロッケトなどを使います。

その時に要らなくなったのを地球に落とすわけでもなく

宇宙に放置しているみたいです。

私はてっきり海とかに落として回収をしていると思ってました

スペースデブリの数

気になるのが今確認されているスペースデブリの数ですよね。

何とビックリ

不要になった衛星約2,700基

50㎝以上のサイズのごみが1万個

リンゴサイズが2万個

ビー玉サイズが50万個

これ以下のサイズで追跡不可能な物体が1億個以上

となっているみたいです。

ものすごい量の数ですね。

地球の周りでどうなっているのか

スペースデブリは地球の周りでどうなっているのかを見てみましょう。

速度

スペースデブリの速度は時速3万キロ

秒速8キロ以上で動いているみたいです。

想像できませんね(^_^;)

拳銃で秒速0.5キロみたいです。それをはるかに凌駕していますね。

衛星は大丈夫なのか

ここで気になるのが人間が生活を豊かにするために

打ち上げた衛星とかは大丈夫なのかが気になりますよね?

ぶつからないための対処

人間が打ち上げた衛星とかにぶつからないように

宇宙ステーションでデブリを監視しぶつかりそうな時は

事前に軌道をずらしているため、

基本的にはぶつからないみたいです。

衝突したとき

スペースデブリは時速3万キロと訳の分からない速さで

移動をしています。

また衛星乗組員はもしもの時で脱出用のカプセルを

常に準備しているみたいです。

スペースデブリの問題

地球上で無数のスペースデブリが浮遊しているが

密度で言いますと今はそこまで危険ではないみたいです。

しかしこれ以上増えるとどうなるのかを見てみましょう。

スペースデブリどうしの衝突

例えですが、地面にグラスを落とすと

細かく砕けて割れてしまいますよね。

これを踏まえてデブリに置き換えてみましょう。

デブリどうしがぶつかり片方もしくは両方砕けると

また新たなデブリができます。

宇宙に行けなくなる

デブリが増えすぎたら宇宙に行けなくなるみたいです。

人間が宇宙の開拓ができなくなるのは残念なことですよね。

地球以外の所に住むみたいな話もなくなってしまいますね。

まとめ

スペースデブリをこれ以上増やさないように

宇宙ステーションは日々考えているみたいですね。

いつか私も宇宙に行ってみたと思うこともあるので

これ以上増えないようになってほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました