夜勤仕事終わりはしんどい?そんな方向けの対策

未分類

職業柄で夜勤だけ、もしくは日勤もある

いわゆる2交代制の職業の方もいるでしょう。

多くの方が夜勤はしんどいと多くの方が

口ずさんでいると思います。

私の周りの友人もそうです。

しかしそんな方だから知っていた対策も紹介します。



夜勤がある仕事

中には夜勤の仕事を避けている方や

逆に夜勤勤務の仕事を探している方も

いると思いますので、夜勤のある職種をまとめます。

夜勤の仕事

  •  警備員
  • 清掃作業員
  • コールセンター
  • 工場勤務
  • 医療関係
  • 介護職
  • 土木作業
  • トラック運転士
  • ホテルスタッフ

一般的にはこんな感じでしょう。

夜勤勤務をしたい方であればこれを参考にしてください。

夜勤明けにしない方がいい行動

多くの夜勤明けの方がやってしまいがちな行動

中には実はやめた方がいいこと2選!

寝ずにだらだら起きてる

この行動をする方が割と多いと思います。

その背景としては、大体の企業さんであれば

夜勤明けは連休の場合が多いと思います。

なので心理的に次の日休みだから起きておこうと思ってしまいます。

夜勤明けつまり外は明るくなっていると思います。

人は太陽の光を浴びてしまうと交感神経が活性化します。

つまり眠りに入りにくい状態になってしまいます。

疲れているのに眠れないとなり、心身共に疲れ切ります。

そのため夜勤明けはできるだけ寄り道せず、家に帰り

寝る際は寝室に、カーテン・遮光カーテンなどを使用し、

なるべく部屋を暗くして太陽の光が目に入らない環境にしましょう。

睡眠のとりすぎ

ここでおいおいさっきは早く寝てねと言っておいてと

思う方いるでしょう。

ここでは寝すぎがよくないという事です。

夜勤明けだらだらと夜まで寝続けてしまうと、

逆に夜中に目が冴えてしまってなかなか寝付けない…

ということになってしまいます。

そうなると、昼間の生活リズムを作ることが難しくなります。

次の日勤の出勤時には、寝不足の原因にも繋がってしまいます。

夜勤は昼過ぎに起きて、その後は次の日勤時間の出勤に備えてと

昼間の生活リズムに合わせて行動するようにしましょう。

寝不足による事故やミス・トラブルを起こさないためにも、

次の出勤時間に合わせた生活リズムをつくることを心がけましょう。

夜勤職のメリット

夜勤は体を壊すとよく言いますよね。

友人からよく聞かされるのがいつかハゲそうと…

しかしリスクだらけの夜勤だと思われますが

大きなメリットもあります!

稼げる

交替勤務は夜勤の時間帯は夜勤手当が付くため、

通常の勤務に加えガッツリ稼ぐことができます。

頑張りが給料、成果や結果で現れるとうれしいですよね。

人とかかわりがない

人見知りだったり、コミュニケーションが苦手な方いますよね?

職種にもよりますが、あまり人と関わらない時間が長いと思います。

なので人見知りの方は交代勤務で疲れると思いますが、

やってみてはいかがですか?

まとめ

夜勤明けは、すぐに寝ると寝すぎないを

忘れずに勤務をすれば慣れてくると思います。

夜勤は夜中の仕事なのでどうしても眠たくなる時もあります。

うとうとしながら、工場の機械を触って怪我とか

したくないですよね?

なので、夜勤明けの行動はしっかり守りましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました