メンデルの法則とは何だった?思い出してみよう

未分類

人気番組のチコちゃんに叱られる!でメンデルの法則がありましたね。

確か中学生のころに勉強したような…

 

と忘れている方が多いと思いますので

振り返ってみましょう。



メンデルの法則

に似るという遺伝の現象を説明する遺伝の法則は、品種改良などにかかわるので、体験的には様々な現象が知られていたようである。 明確な法則性を求める様々な実験は行われていたが、まとまった形とはなっておらず、ただ一般的には親の卵子精子に存在する「何らかの液状のモノ」が混ざりあって、両親の特徴が子に引き継がれると考えられていた。

現代的には、分離の法則は、染色体が減数分裂して対立遺伝子が2つに分かれることに対応し、一般的に成り立つ。独立の法則は、異なる染色体が独立に振る舞うことに対応し、2組の対立遺伝子が異なる染色体上にあるときに成り立つ。優性の法則は、両親から受け継いだ対立形質のうち、どちらか一方の形質のみが現れる現象(完全優性)だが、完全な優劣が現れるのはむしろ例外的だと考えられている

wikiページから

しかしネットでは

という意見もありました。

減数分裂

減数分裂とは、有性生殖に関わる細胞(配偶子など)を作る際に行われる細胞分裂のことです。

最終的に、体細胞に含まれる染色体の半数の染色体をもつ配偶子が形成されるため、

「減数」分裂と呼ばれます。

F1種の野菜はどれなのか?

実は99パーセントがF1種です。

確かに普段何気なく見ている野菜ですがどれも似たような形・色ですね。

 

F1種でない野菜は?

99パーセントがF1種でしたが

それなら1%の野菜はなんなのかと言いますと

モロヘイヤです。

まとめ

久しぶりにメンデルの法則とは聞かれたら忘れてしまっていますよね。

現代社会ではこの法則のおかげでいろいろと助かっていることが多いことが改めて気づけましたね。

タイトルとURLをコピーしました