ナマズが黄金色になるのはなぜ?狙った色を作ることができるのか

ごく稀に鯉とかで黄金色・金色になっている個体を見たことは無いでしょうか?

 

この様な金色になったりするのは珍しいことだと思います。

 

また今回は自然界にいた個体なのでなお、珍しいと言われています。

 

このようにごく稀に黄金色の魚があがったりしますが、なぜこの様な色になるのかを調査します!



ナマズが黄金色になる理由

全国でまれに見つかるものの、「金運ナマズ」として縁起物になるケースもあるという〝珍魚〟。市は多くの人に愛されるネーミングに期待を寄せている。

ヤフーニュース

 

今回のケースはナマズですが、前例がほぼ無いみたいですね。

しかし、金魚であればこのような黄金色になるケースがあるみたいです。

 

金魚は稚魚の時は黒色ですが、ある時から色が変わってきます。

多くの場合はになるみたいですが、稀に黄金色になる個体もいるみたいです。

 

もしこのような金魚と同じような理由で黄金色に変わる理由だとすれば、

それは、ナマズの個体差、 もしくは色素をあげる成分が少ない餌、

日光のあたり具合などが考えられます。

 

もしかしたら黒が抜けて間もなければ色が、変わっていく途中の段階かもしれません。

黄金ナマズを狙って作ることが可能なのか

上記のとおり

  • 色素をあげる成分が少ない餌を与える
  • 日光のあたり具合

となっていますが、やはり個体差これが一番の重要なものだと思います。

 

また、色を狙うに辺りこれ以外の理由もあるみたいなので

ピンポイントに色を狙うことは難しいかもしれません。

黄金ナマズを生で見たければ

二ケ領せせらぎ館で展示をしているみたいです。

 

  • 〒214-0021 神奈川県川崎市多摩区宿河原1丁目5−1
  •  火曜日~日曜日 10時~16時まで
  • 定休日が月曜日・祝日

黄金ナマズの愛称を募集中

黄金ナマズはとても珍しく、縁起がいいと言われていますね。

 

なので川崎市が愛称を募集しているみたいです!

 

もし興味のある方は黄金ナマズの愛称を決めてあげてくださいね。

 

 募集期間は22日~12月11日。ひらがな、カタカナ、漢字で6文字以内。性別を問わず、ナマズの特徴を生かし、多くの人から親しまれることが条件。市ホームページなどから申し込む。問い合わせは、市多摩川政策推進課電話044(200)2268

川崎市のHPはこちら

 



まとめ

自然界でこのような色で現れるのは珍しいですね。

 

また今回はアルビノ種ではないみたいなので、個体差での色だとも言われていますね。

 

この黄金のナマズにぜひ素敵な愛称をあげてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました