台風対策家庭でしてた方がいいこと

日本列島に毎年のようにやってきて、時には甚大な被害が起きることがあります。雨か風だけでも時には被害が出ています。なので世間的にも台風対策は必要だと言う認識が広がっていると思われます。

しかしながら、どこまで対策をしてもいいかわからない…

なので今回は一般家庭における台風対策を解説していきたいと思います。



台風が発生する時期

夏になるにつれて日本列島に近づいてくる台風ですが、実は1年中台風はできています。

でも7月~10月以外で発生した台風はほとんど日本列島に上陸していません。

なので、私たちの感覚では台風シーズンは7月~10月ごろです。

台風がもたらす被害

台風がもたらす被害の多くが下記の内容だと挙げられています。

・暴風

・大雨

・高潮

・高波

・洪水

いずれも私たちのライフラインを奪うだけでなく、時には甚大な被害を起こす事柄である。これらどれか一つでも起こるのではと予測できたならできるだけ早くに対策をしておく必要があります。

そして、自分が被害をうける場所によっても対策を考えなくてはならないのです。最低でも職場・プライベートでよく行く所・家、どういった被害が起こるかもっていうのをあらかじめ把握しておく必要があります。

そのために、国土交通省や各自治体が公表をしている「ハザードマップ」などをうまく活用をし、被害発生のリスクを調べておきましょう。

自分の会社でも○○の災害が発生したらここに避難してください。というマニュアルありますので、身近な所からも情報が得られますのでチェックしておいた方が良いですね。

家の周りでやっておいた方がいい対策

台風により強風又は暴風が起こる所では、商業施設の看板や割れたガラスや太陽光パネルなどがいつどこから飛んでくるかも分からないので雨戸やシャッターを閉めましょう。もし雨戸がないのであればガラスの補強とダンボール被せたり、カーテンを閉めるようにして下さい。

ガラスの飛散対策としましてネットでも色々と挙げられていますが、ガラスにテープを貼るだけでなくプラスでダンボールなどで覆う事をすれば飛散対策は出来ます。また、ダンボール等が準備出来なければ、最低でもカーテンをしていればダンボール程でもないですがある程度は防ぐ事ができます。

また一軒家など外にものがある場合、軽いものは家に入れてしまうか飛ばないように補強、上に重い物を乗せておいた方が良いです。しかし1番は家内に入れる事ですね。

台風に備えて持っていた方がいい飲食物について

次に飲食物を買っておく事です。

飲料水は、まず水は成人であれば1日あたり3ℓ(食べ物に含まれる物も含めて)と言われています。なので最低でも2ℓのペットボトル飲み水を人数分より少し多めに確保しておきたいですね。なぜなら、水は料理などにも使えますので余っても使い道はあります。

ジュースではだめなの?と思いますが、ダメではないですが水よりも早く喉が渇きますのであまりお勧めできません。

食べ物ですが、常温で放置しておいても傷まないもの、そのままでも食べることができる食品であればいいと思います。

また、ローリングストックを常にしておきましょう。

レトルトやカップ麺など準備しておいても、いざ食べようとしても断水や停電していると食べることができませんのであまりお勧めできません。

でも、カセットコンロと多めに買っておいた水があればこれらの食品も食べることができますので買っておくのもありですね。

まとめ

毎年のように各地で台風による被害が発生しています。このようにメディアなどで危険性を伝えても、「自分の地域は前に来た時大丈夫だったから今回も大丈夫」など軽い考えでいて被害にあった時にあの時にこうしておけば…という事がないよう事前に準備をする必要があります。

また、台風が来るのが分かってからスーパーなどに買い物に行っても、要るものが売り切れていたりするので、1番は日頃からの準備ですが、最低でも発生してからニュース等で台風の通過ルートに入るかもって時には買い物に行った方がいいです。

私も毎回大丈夫だから今回も大丈夫やろ。みたいな考えで出かけてみた事ありますが、危険な目にあいかけた事がありました。なので災害時は、外出はやめておきましょう。

これを機に、毎年のように台風は来るので準備できることはしておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました