豊洲市場でコロナ陽性でも関係なく働いている!?なぜこのようなことが起きているのか

観光

11月以降全国でコロナウイルス患者数の記録更新が途絶えていませんね。

 

そんな中とんでもない様なニュースが飛び込んできましたね。

東京都の豊洲市場でコロナウイルス陽性者が多数いたことが分かったみたいです。

 

なぜこのようなことが起きたのかを調べてみます。



豊洲市場でコロナ陽性でも働く人たち

毎日のように全国各地でコロナ患者の増加が途絶えなく増える一方ですね。

 

今は、一般の会社であれば「少しでも熱があれば休んでください」と言われている中で、

豊洲市場で働く方々は関係なく働いているみたいです。

「僕は(PCR検査で)陽性だったので、まわりの皆さんは、気をつけてください」

東京の台所、豊洲市場で働く仲卸業者のAさん(40代)夫妻は、目の前でマグロの「せり」を担当する男性X氏の言葉を聞き、耳を疑った。
「なぜ、コロナ陽性なのに働いているんだ……」。11月中旬、豊洲市場の「水産卸売場棟」でのことだ。

11月に入り豊洲市場では、新型コロナの感染者が爆発的に増えている。そこで豊洲市場協会は、仲卸業者約480社の従業員3000~4000人を対象に、
市場内で大規模なPCR検査を自主的に実施した。すると11月だけで、129人の感染(11月26日時点)が判明したのだ。

Aさん夫妻は、感染者の数だけではわからない、豊洲市場の “惨状” を訴える。

「Xさんは、その後も、平然と『せり』に出ています。なぜ陽性なのに出てきているのか尋ねた人がいて、『症状も出ていないし、もう陰性になったから大丈夫なんですよ』とうそぶくのを聞きました。

でも、陽性だと判定されたのは、わずか5日前。本来、最低2週間は隔離されるべきなのに……」(Aさん)

こちらより抜粋

なぜ市場の方々はこのようにコロナウイルスに対してこのように軽視しているのでしょうかね?

 

もしかしたらですが、自分が休んでしまうと仕事が回らない代役者がいないなど原因は考えられますね。

もしくは単純にコロナウイルスに対して軽く考えているだけかもしてないですね。

 

真相は解りませんが、東京都の台所とも言われている所でこのようなことが起こっていることに驚きました。



豊洲市場のルールはどうなっているのか

そもそも市場のルールはどうなっているのでしょうか?

マスク着用、検温など体調管理、医師等の指示によるPCR検査受検前報告などは豊洲市場のルールです。感染防止のため、徹底をお願いします。

 

【市場関係の皆様】改めて感染拡大予防(体調管理、マスク着用、手指の消毒徹底、三密回避等)の徹底をお願いします。また、体調不良等により医師からの指示でPCR検査を受ける場合は、受検前に受検予定日を卸協会、東卸、青果連合、東京魚商、買参組合、関連協まで連絡してください。

 

【来場される皆様】仕入れや納品等で市場に来場される皆様も体調管理、マスク着用を徹底ください。また、一般来場者は入り口にて、検温と手指の消毒、マスク着用の確認を行なっております。

HPより抜粋

HPではしっかりとしたルールがありました。

なので今回の方々はこのルールを無視をしたという事になるでしょう。

 

ネットの反応

タイトルとURLをコピーしました